Hosting

Hosting and Cloud computing

インターネットの各種サーバーやクラウドサービスなど、ホスティングについて情報です。

 

★ クラウドサービス
AWS (Amazon Web Services)  クラウドサービス

AWSの概要に関する解説書 "Host Your Web Site in the Cloiud " by Jeff Barr (英文、PDF)を無料でダウンロードできます。 この資料には、AWS サービスのEC2, S3, SimpleDB, CloudWatch, RDS などが含まれます。 

以下のサイトから無料版(第1章、第2章、第3章のみ)

www.sitepoint.com/books/cloud1/samplechapters.php

 

Bitnami スタックとクラウドサービス

BitnamiはPCなどで使えるPHP、MySQL、Apacheなどが一体化したスタック環境とインターネット上のクラウド環境をサポートしています。

Drupalの場合 ここからダウンロード https://bitnami.com/stack/drupal

Windows AzureでBitnamiを運用する場合の手順  https://wiki.bitnami.com/Azure_Cloud/Getting_Started

備考:

Drupal 7.34の場合、インストールしてトップページ下部に表示される管理情報アイコン表示を非表示にする手順が説明とは若干ことなります。

sudo /opt/bitnami/apps/drupal/bnconfig --disable_banner 1

sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart apache

となります。

 

Microsoft Azure

さまざまアプリや既存Windows環境のクラウド化まで、多機能なクラウドサービスです。

詳細は >> ここから

 

IBM SoftLayer

IBMによるワールドワイドなクラウドシステム SoftLayer

詳細は >> ここから

 

さくらクラウド

コストパフォーマンスで優位なクラウドシステム さくらクラウド

詳細は >> ここから

 

Google Cloud

Googleのさまざま機能やツールと連携できるクラウド GCP

詳細は >> ここから

 

 

☆ホスティングサービス
ヘテムルレンタルサーバ

共用レンタルサーバでDrupal 7 を運用する場合:

PHPのバージョンを最新の設定にする、必要であればPHPの設定(php.ini)を調整します。

データベースを作成し、付属のphpMyAdminでMysQLデータベースのSQLダンプデータをインポート。

Drupalの segttings.php ファイルでデータベース接続を設定する

array (
 'database' => '_xxxxxx', 
 'username' => '_xxxxxx', 
 'password' => 'xxxx', 
 'host' => 'mysqlxxx.heteml.jp', 
 'port' => '', 
 'driver' => 'mysql', 
 'prefix' => '',
 ),

 

アルファメールサイトのレンタルサーバ

アルファーメールプレミアでDrupal 7 を運用する場合:

アルファーメールの設定で .htaccessファイルは共用サーバ側で.htaccessでユーザアクセル管理ができるように設定されております。

Drupal 7のデフォルト設定のDrupalホームディレクトリにある .htaccess ファイルを修正することでインストール可能です。

アルファーメール側では、「htaccessでは、AuthConfig、FileInfoオプションのみ利用可能です。」との説明があります。 詳細は、ここから

なので、.htaccessの中で、mod_rewrite関連だけ有効にします。 その後、ファイルアップロードのディレクトリ、sites/default/files/.htaccess も、Options, Files, IfModuleなどをコメントアウトし実行しないように修正します。

ただし、上記の設定はあくまでも暫定的な対応となり、セキュリティ対策は要検討する必要があります。

 

 

Azure

Microsoft Azureについて

 

タグ: 

CMS: 

Google Cloud

Google Cloud GCP

 

Cloud SDK のインストールについて

Debian apt-get の場合 ここを参照 

 

 

 

タグ: 

Sakura Cloud

さくらクラウド

 

メールサーバーの設定

 

お名前ドットコムで取得したドメインをさくらのメールサーバーで運用する場合

お名前ドットコム側のDNS設定は、外部のDNSサーバー(さくらのDNSサーバー)を使う設定する。 

その後はさくら側のメールの設定で大丈夫です。

具体的には、以下のサイトを参考にします。

ドメインNaviにログインして「ネームサーバー」を「変更する」し、さくらのDNSサーバー、プラマリー ns1.dns.ne.jp  セカンダリー ns2.dns.ne.jp にする。

http://modx.jp.net/menu/tools/onamae-sakura.html

その後、さくら側のドメイン(他社で取得・管理のドメイン)の設定を参考に設定します。「独自ドメインを設定する」のステップ1から3までを設定。

https://help.sakura.ad.jp/hc/ja/articles/206053782

 

さくらクラウドのFAQ
Q: インストール後に、OSを再インストールしたい、IPアドレスも変更なしで

A: ディスクの再インストールで対応できます。もし、プランを追加などした場合はIPアドレスも変更になります。

https://manual.sakura.ad.jp/cloud/storage/os-reinstall.html

 

Q: コンソールでクローンを作成した場合、SSHがつながらない状態になる。

A:  クローン後はIPアドレスを新しいIPアドレスに再設定することでSSHが使えます。

  Debian9の場合、/etc/network/interfaces を編集して、IPアドレスとデフォルトゲートウェイをクローン後の環境に変更します。 その後、ネットワーク再起動、# systemctl restart networking  もしくはシステムを再起動します。

いったんディスクを外して、サーバーを削除して、再度、サーバーを新規作成した場合は、IPアドレスなども新規になるので、サーバー追加時に「ディスクの修正」で「ディスクを修正する」をチェックして実行する。この方法では、/etc/network/interfaces や /etc/hosts ファイルなどの設定を変更する必要はありません。新規サーバーが起動した時点で新規IPアドレスなどで起動します。

 

 

 

タグ: 

SoftLayer

IBM SoftLayer

 

管理画面

 

技術メモ

 

Debian7.0.0-64 LAMP for VSIの場合

・ MySQLのrootパスワードはインストール時には、設定なしです。自分で作成します。

・ PHPもインストールされていないのでインストールします。

たとえば、

aptitude -y install php5 php5-cgi libapache2-mod-php5 php5-common php-pear php5-mysql php5-gd curl

・ Apache2のmod_rewriteを実行させます

a2enmod rewrite  コマンドの実行

Apache2の再起動

 

 

タグ: